独立自営農民(読み)どくりつじえいのうみん(英語表記)independent self-sustained peasant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

独立自営農民
どくりつじえいのうみん
independent self-sustained peasant

封建的土地所有の解体過程に生れた自由独立の自営農民をいう。封建社会における農民は次第に経済的地位を高め,自己の保有地に対する所有権を強め,また土地の買戻しなどによって,事実上の土地所有農民となった。独立自営農民は余剰農産物の,市場での販売を通して,富める者は資本家的借地農やマニュファクチュア経営者となり,貧しい者は賃金労働者となった。すなわち資本主義の発展に伴っていわゆる両極分解をとげた。イギリスヨーマンリー,フランスのラブルールが典型的。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どくりつじえい‐のうみん【独立自営農民】

封建的土地所有の崩壊過程において、14世紀以降、西ヨーロッパで生まれた自由で独立した土地所有農民。家族労働を中心とする農牧業経営を確立し、余剰生産物を商品として販売した。資本主義の発達とともに消滅。英国のヨーマンがその典型。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

どくりつじえいのうみん【独立自営農民】

封建社会の解体期に,領主支配から事実上独立し,一家の生計を十分に維持するに足りるだけの生産手段(土地,家畜,農具など)を所有して,自立的な農業を営む農民をいい,中世末期から18世紀ころまでの西ヨーロッパに多く見られた。西ヨーロッパでは,13世紀以降に農奴解放が進行して農民の人身的隷属がゆるみ,さらに14,15世紀には,戦乱や疫病による人口減少や大規模な農民一揆のため領主が農民に譲歩して封建地代(年貢など)を軽減せざるをえなかったから,農民のなかには,領主に対して名目的な地代を支払うだけで事実上領主の支配から独立するような者が多数あらわれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

どくりつじえいのうみん【独立自営農民】

独立した農業経営を行う土地保有農民。中世末期の西ヨーロッパで、封建制解体の過程で生まれた。イギリスのヨーマンがその典型。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どくりつじえい‐のうみん【独立自営農民】

〘名〙 西欧で、中世末期から近世初頭にかけて、貨幣経済普及とともに生まれた中産的生産者層。農奴的な状態から解放され、自由な独立した土地保有者となった農民をさす。イギリスではヨーマンが典型。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の独立自営農民の言及

【ヨーマン】より

…(2)とともに現役軍人から選抜される。(4)中世末期から近代前半にかけての自由な独立自営農民。中世イギリスの農民層は大別すると,領主に対し貨幣または現物の地代のみを負担し,国王の裁判のみに服する自由農民と,これらのほかに農業労働その他の作業労役(賦役)を負担し,領主の意志に服する農奴から成っていた。…

※「独立自営農民」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android