コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

販売肥料 はんばいひりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

販売肥料
はんばいひりょう

かねごえ,金肥ともいう。自給肥料の対語。農家がまだ人糞尿,堆肥,厩肥などの自給肥料を多用していた頃,商品として売出され,金銭によって買われる肥料という意味で金肥と名づけられたもので,人造肥料や化学肥料と同義に用いられる場合もある。江戸時代から,油かすや魚肥などが金肥として取扱われたが,現代では硫安,石灰窒素過リン酸石灰などの化学肥料がはるかに多く用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

販売肥料の関連キーワード油かす(油粕)ニトロフミン酸総合農協グアノ採草地緑肥下肥

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android