コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

販売肥料 はんばいひりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

販売肥料
はんばいひりょう

かねごえ,金肥ともいう。自給肥料の対語。農家がまだ人糞尿,堆肥,厩肥などの自給肥料を多用していた頃,商品として売出され,金銭によって買われる肥料という意味で金肥と名づけられたもので,人造肥料化学肥料と同義に用いられる場合もある。江戸時代から,油かすや魚肥などが金肥として取扱われたが,現代では硫安,石灰窒素過リン酸石灰などの化学肥料がはるかに多く用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone