コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

責任倫理 せきにんりんり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

責任倫理
せきにんりんり

心情倫理と責任倫理」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

責任倫理
せきにんりんり
Verantwortungsethikドイツ語

M・ウェーバーによる倫理的態度の理念型で、心情倫理と対をなし、「目的合理的行為」に対応する。心情倫理が結果を顧慮しないで究極の価値目的に献身する心情の一義的純粋さを貴ぶのに対して、責任倫理は、あらかじめある行為がどのような結果をもたらすかを予見し、適切な手段の有効度を考量し、そのうえで行為の結果を他者(神、運命、社会、他人など)に転嫁することなく、これに対して責任を負おうとする。ここでは人間の「よき意志」は前提とされず、むしろ人間が平均的な欠点をもつことが考慮され、そのうえで事態についての冷静な認識と、与えられた諸条件の下での最善の努力が要求される。その意味でウェーバーは責任倫理を、とりわけ政治を天職とする者に不可欠の徳と考えた。しかしそういう認識と努力を尽くしたうえで必然性に従う極限的場合には、二つの倫理は合一することもありうる。[徳永 恂]
『M・ヴェーバー著、脇圭平訳『職業としての政治』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の責任倫理の言及

【責任】より

…それゆえ集団責任と客観責任とが制度化されている社会において,このような責任の制度は無辜(むこ)の存在に制裁を加えることがあるから不合理であると,道徳的に判断を下す人々もいた。また個人責任と主観責任とが制度化されている今日の社会において,個人を犯行に追いやった社会的環境に罪を認める集団責任の意識が社会の側で起こることもあるし,一般的にみて予測不可能な行為の結果に対しても責任を負う客観責任の意識(M.ウェーバーのいう責任倫理)もある程度広がっている。しかしこれらの場合を古い集団責任や客観責任への後戻りとみることはできない。…

※「責任倫理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

責任倫理の関連キーワード職業としての政治価値判断論争政治的責任市民意識穀梁伝動機

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

責任倫理の関連情報