コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水間沾徳 みずませんとく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水間沾徳
みずませんとく

[生]寛文1(1661)
[没]享保11(1726).6.30.
江戸時代中期の俳人。本名,友兼。別号,沾葉,合歓堂。江戸の人。内藤露沾の門。点取俳諧を盛んにし,其角没後その洒落風を継ぎ,江戸俳壇の中心となった。門人赤穂義士大高子葉 (源吾) がいる。編著『一字幽蘭集』 (1692) ,『沾徳随筆』 (1718) ,『余花千二百句』 (21) ,『合歓堂家集』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水間沾徳 みずま-せんとく

1662-1726 江戸時代前期-中期の俳人。
寛文2年生まれ。江戸の人。福田露言,内藤露沾(ろせん)の門人。榎本其角(きかく)と交流し,ともに江戸俳壇を主導した。門下に大高源吾ら赤穂浪士がいた。享保(きょうほう)11年5月30日死去。65歳。姓ははじめ門田。名は友兼。通称は治郎左衛門。別号に沾葉,合歓堂。編著に「俳林一字幽蘭集」,著作に「沾徳随筆」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

水間沾徳

没年:享保11.5.30(1726.6.29)
生年:寛文2(1662)
江戸初期の俳人。はじめ門田氏,のち水間氏。名は友兼。別号に沾葉,合歓堂がある。江戸の人。はじめ岸本調和門の福田調也(のちの露言)に師事し,随伴して内藤風虎の江戸藩邸に出入りしたらしく,延宝期には風虎嫡男の露沾から1字をもらい沾葉と号した。以後,露言と共に調和系の俳書に入集していく。このころ同藩邸の常連であった山口素堂の手引きで林家に入門,かつ山本春正,清水宗川に歌学を学び,原安適とも親交を結んだ。やがて内藤家の内紛を経て風虎他界(1685)におよび退いて法体になる。貞享4(1687)年ごろ,沾徳と改めて立机。以後,調和から離れて,素堂を介して蕉門に親しみ,榎本其角と末長く提携する。元禄5(1692)年には露沾の委嘱により,処女選集『俳林一字幽蘭集』を刊行した。やがて宗匠として内藤家の禄を食み,諏訪闡幽,大村蘭台らの大名を顧客とした。松尾芭蕉他界後,其角・沾徳両門の交流しげく,江戸俳壇の主流を形成した。両点者の俳風は洒落風と称されて時流をリードしたが,前句付にはほとんど関与していない。ここが他点者と一線を画した点である。其角没後は,江戸俳壇の諸派を糾合して,大宗匠と仰がれるに至る。<参考文献>潁原退蔵「享保俳諧の三中心」(『潁原退蔵著作集』4巻),白石悌三「水間沾徳年譜」(『連歌俳諧研究』19号)

(楠元六男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水間沾徳
みずませんとく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の水間沾徳の言及

【沾徳】より

…江戸中期の俳人。姓は門田,のち水間。名は治郎左衛門。江戸の人。はじめ沾葉と号し,露言に師事。磐城平(いわきたいら)城主内藤風虎の息露沾から師弟に露・沾の各一字を授かったものという。俳壇への登場は1678年(延宝6)。露沾の寵を得て内藤家に仕え,素堂に兄事して儒学を林家に,歌学を山本春正・清水宗川に学ぶ。風虎没後に同家を去り,1687年に姓号を改めて俳諧宗匠となり,また合歓堂と号す。素堂の仲介で蕉門の其角と親交を結び,其角没後はその洒落風を継承して,過渡期の江戸俳壇を統率する位置に立ち,点者として一世を風靡した。…

※「水間沾徳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水間沾徳の関連キーワード岩本乾什(初代)俳句(文学)伊勢屋八兵衛小野紹廉桑岡貞佐中川宗瑞貴志沾洲堀内仙鶴坂倉東鷲喜多中和鴛田青峨内田沾山石内序令徳純魚貫

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android