コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴田惟邦 きだ これくに

1件 の用語解説(貴田惟邦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貴田惟邦 きだ-これくに

?-1822 江戸時代後期の武士。
陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。代々兵学師範をつとめる貴田家をつぐ。文化5年蝦夷(えぞ)地(北海道)箱館詰めとなり,宗谷をへて樺太(からふと)(サハリン)にわたり警備につく。のち用人となり,軍法編集方をつとめる。文政5年9月16日死去。本姓は山形。通称は十郎右衛門。著作に「熱多羅払(えとろふ)談」「加剌払多(からふと)異聞」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

貴田惟邦の関連キーワード柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩粗粒玄武岩三雲遺跡ペドロブラガンサ朝藩学一覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone