コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴田惟邦 きだ これくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貴田惟邦 きだ-これくに

?-1822 江戸時代後期の武士。
陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。代々兵学師範をつとめる貴田家をつぐ。文化5年蝦夷(えぞ)地(北海道)箱館詰めとなり,宗谷をへて樺太(からふと)(サハリン)にわたり警備につく。のち用人となり,軍法編集方をつとめる。文政5年9月16日死去。本姓は山形。通称は十郎右衛門。著作に「熱多羅払(えとろふ)談」「加剌払多(からふと)異聞」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android