コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴田惟邦 きだ これくに

1件 の用語解説(貴田惟邦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貴田惟邦 きだ-これくに

?-1822 江戸時代後期の武士。
陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。代々兵学師範をつとめる貴田家をつぐ。文化5年蝦夷(えぞ)地(北海道)箱館詰めとなり,宗谷をへて樺太(からふと)(サハリン)にわたり警備につく。のち用人となり,軍法編集方をつとめる。文政5年9月16日死去。本姓は山形。通称は十郎右衛門。著作に「熱多羅払(えとろふ)談」「加剌払多(からふと)異聞」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

貴田惟邦の関連キーワード逸山小島左近高野雅楽伊達邦孚伊達村幸鍋田晶山治宮村上蘭皐柳糸園綾風竜眠