コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資産の流動化 シサンノリュウドウカ

デジタル大辞泉の解説

しさん‐の‐りゅうどうか〔‐リウドウクワ〕【資産の流動化】

企業が保有する資産の信用力・収益を基に資金調達を行う手法。資産を特定目的会社に譲渡したり信託会社に信託するなどして、資産を企業から切り離すことで、企業の信用力の変化に左右されることなく、資産の生み出すキャッシュフローを原資として資金調達を行うことができる。資産流動化。→証券化

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

会計用語キーワード辞典の解説

資産の流動化

資産を売却または証券化して、現金化すること。資産を証券化する場合、SPC特別目的会社)を利用してABS(資産担保券)を発行します。資産の流動化の目的は、貸借対照表から資産および負債を貸借対照表から外すこと(オフバランス)によって、格付けを高めたり、借金を返済して金利負担を軽減したり、ROAを高めることにあります。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

資産の流動化の関連キーワードTMK(特定目的会社)方式特別目的会社(SPC)アセットバック証券不動産の証券化資産担保証券資産流動化法SPC 法SPC法減価償却特定資産自己金融

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

資産の流動化の関連情報