賤のをだ巻(読み)しずのおだまき

世界大百科事典 第2版の解説

しずのおだまき【賤のをだ巻】

随筆。森山孝盛著。1802年(享和2)の自序がある。元文年間(1736‐41)に生まれた著者延享(1744‐48)から天明(1781‐89)ころまでに見聞した江戸風俗変遷を個条書きで56項目にわたって記述したもの。享和(1801‐04)ころと比較の叙述があり,所々にさし絵も入っている。豊後節などの音曲,諸芸能,日本左衛門,志道軒,釈迦ヶ嶽(相撲取)などの人物,日傘,花かんざし,きせるなどの器物に触れる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android