コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志道軒 シドウケン

4件 の用語解説(志道軒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しどうけん〔シダウケン〕【志道軒】

深井志道軒(ふかいしどうけん)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しどうけん【志道軒】

1680?~1765) 江戸中期の辻講釈師。本名、深井新蔵。別号、一無堂。明和(1764~1772)頃、浅草奥山で木製の男根で台を打ちつつ、軍談などを読んだ。平賀源内の「風流志道軒伝」のモデル。著「元無草」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志道軒
しどうけん
(?―1765)

江戸中期の講釈師。本名深井新蔵。一無堂栄山とも号す。12歳で僧籍に入り、隆光(りゅうこう)の下で修行したが、還俗(げんぞく)し、享保(きょうほう)(1716~36)のころから浅草三社権現(ごんげん)前のよしず張りの中で講釈を行った。手に陰茎に似た棒を持ち、男女交合のさまなどを仕方で演ずるという猥雑(わいざつ)さで、2世市川団十郎と並ぶ江戸の名物と称せられた。その一方、大名高家に出入りし、政治批判なども行った見識の持ち主でもあった。『元無草(もとなしぐさ)』などの書もある。彼をモデルとする作品に風来山人(ふうらいさんじん)こと平賀源内の滑稽本(こっけいぼん)『風流志道軒伝』(1763)がある。志道軒の名は3代まであるが、記すほどのことは伝わらない。[延広真治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

志道軒の関連情報