コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賺す スカス

デジタル大辞泉の解説

すか・す【×賺す】

[動サ五(四)]
機嫌をとって、こちらの言うことを聞き入れるようにさせる。「子供を―・して寝させる」「おどしたり―・したりして行かせる」
言いくるめてだます。「弟を―・しておやつを取り上げる」
相手をうまくその気にさせる。おだてる。
「仲人(なかだち)のかく言(こと)よくいみじきに、女はまして―・されたるにやあらむ」〈・東屋〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すかす【賺す】

( 動五[四] )
言葉で機嫌をとったりなだめたりする。 「泣く子をなだめ-・す」 「おどしたり-・したりして承知させる」 「我は小児の如く-・されて/即興詩人 鷗外
言いくるめてだます。 「旨うまく-・して土手下へ連出して/怪談牡丹灯籠 円朝
気持ちをそそる。おだてる。 「『猶の給へ』など-・せば、…いよいよ口すげみがちにて/増鏡

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

賺すの関連キーワード即興詩人すか

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android