コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宥める ナダメル

デジタル大辞泉の解説

なだ・める【×宥める】

[動マ下一][文]なだ・む[マ下二]
怒りや不満などをやわらげ静める。事が荒だたないようにとりなす。「泣く子を―・める」「―・めてもすかしても聞き入れない」
罪などに対して寛大な処置をとる。
「死罪を―・めて」〈曽我・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なだめる【宥める】

( 動下一 ) [文] マ下二 なだ・む
怒りや不満をやわらげて気持ちを穏やかにする。 「はやる部下を-・める」 「 - ・めたりすかしたりして子供の機嫌を直す」
罪あるいは罪人に対して、寛大な取り扱いをする。 「例あらむにまかせて-・むる事なく厳しう行へ/源氏 乙女

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

宥めるの関連キーワード死罪源氏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宥めるの関連情報