コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤名 あかな

2件 の用語解説(赤名の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤名
あかな

島根県中東部,飯南町南部の集落。旧町名。 1957年来島村と合体して赤来町となり,2005年頓原町と合体して飯南町となった。古くは「赤穴 (あかな) 」と記され,大内義隆が攻め入ったこともある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤名
あかな

島根県中南部、飯石(いいし)郡飯南(いいなん)町の一地区。旧赤名町。中世の石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)の荘園(しょうえん)赤穴(あかな)荘の地で、赤穴八幡宮がある。古来山陰と山陽を結ぶ交通の要地。たたら製鉄跡も分布する。県の自然環境保全地域となっている赤名湿地性植物群落や観光ぼたん園がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤名の関連情報