飯南町(読み)いいなん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飯南〔町〕
いいなん

島根県中東部,中国山地の山間にある町。神戸川が中央部を北流し,南で広島県に接する。 2005年頓原町と赤来町が合体。出雲国石見国備後国にまたがる中国山地の要衝として発展。たたら製鉄の産地としても知られた。町域の大部分が山林で,和牛飼育が盛ん。北東部の頓原温泉は炭酸泉として知られ,中西部の神戸川には発電用の来島ダムがある。中東部には琴引山,北東部の広島県境には大万木山 (おおよろぎさん) ,北西部には三瓶山 (さんべさん) があり,付近一帯は大山隠岐国立公園に属する。国道 54号線,184号線が通じる。面積 242.88km2。人口 5031(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飯南町の関連情報