コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤名峠 あかなとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤名峠
あかなとうげ

島根県中東部,飯南町と広島県北部,三次市布野の境にある峠。標高 580m。中国山地分水嶺をなし,松江,出雲方面と広島市を結ぶ国道 54号線 (→出雲街道 ) に沿う。 1964年に赤名トンネルが頂上付近に完成し,雪害が緩和されるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県(広島県)〕赤名峠(あかなとうげ)


島根・広島県境、中国(ちゅうごく)山地の女亀(めんがめ)山の北東にある峠。標高約590m。古くから出雲(いずも)地方と三次(みよし)盆地を結ぶ要路。現在、国道54号が赤名トンネルで通過する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤名峠
あかなとうげ

中国山地中央部、島根・広島県境にある分水界をなす峠。標高630メートル。古くから出雲(いずも)と備後(びんご)を結ぶ要地で関所や休み所が置かれた。1964年(昭和39)の国道54号赤名トンネル(延長597メートル)の開通で広島・松江両市間の距離を大幅に短縮した。[野本晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の赤名峠の言及

【布野[村]】より

…中国山地南側斜面にあり,中央部を江の川支流の布野川が南流する。中心集落の上布野は近世,山陰と山陽を結ぶ雲石路の広島藩最北端の宿駅として栄え,備後と出雲の国境にあたる赤名峠には広島藩の国境番所が設けられていた。現在は米作,和牛飼育,シイタケ栽培が盛んで,木材の生産も行われる。…

※「赤名峠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

赤名峠の関連キーワード布野[村]飯南(町)神戸川休み所赤来

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android