コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤来 あかぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤来
あかぎ

島根県中東部,飯南町南部の旧町域。神戸川上流域にあり,広島県に接する。 1957年赤名町と来島村が合体して発足。町名は双方の頭文字を合成。 2005年頓原町と合体して飯南町となった。大部分が山林。牧草団地を造成して来島を中心に和牛飼育に力を入れている。商品取引はおもに広島と行なわれる。中心は赤名。赤名湿地性植物群落があり,北部の神戸川に発電用の来島ダムがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤来
あかぎ

島根県中南部、飯石(いいし)郡にあった旧町名(赤来町(ちょう))。現在は飯南(いいなん)町の南西部を占める。旧赤来町は。1957年(昭和32)赤名(あかな)町と来島(きじま)村が合併して成立。2005年(平成17)頓原(とんばら)町と合併、飯南町となる。旧町域は、中国山地の脊梁(せきりょう)部に位置し、南東部を広島県と接する。国道54号、184号が通じる。古来牛市、馬市が栄え、赤名峠を経て山陽との交易が盛んであった。1964年の国道54号赤名トンネルの開通により広島市へも自動車で達することができる。神戸(かんど)川には発電用の来島ダムがあり、邑智(おおち)郡美郷町の潮発電所(3.6万キロワット)に送水される。牧草団地育成も進み、米、シイタケの生産と酪農が盛ん。赤穴八幡宮(あかなはちまんぐう)の三つの木造神像(八幡神坐像(ざぞう)、息長足姫(おきながたらしひめ)坐像、比売神(ひめがみ)坐像)は、国指定重要文化財。赤名湿地性植物群落は県の自然環境保全地域。[石橋忠男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

赤来の関連キーワード島根県飯石郡飯南町飯南(町)赤来〈町〉飯南[町]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤来の関連情報