コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯南 いいなん

2件 の用語解説(飯南の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飯南
いいなん

三重県中部,松阪市中部の旧町域。櫛田川中流域にある。 1956年粥見町,柿野町が合体して飯南町が発足。 2005年松阪市,嬉野町,三雲町,飯高町と合体して松阪市となった。農林業がおもで,古くから製材業が行なわれ,特産としてヒノキの床柱が有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飯南
いいなん

三重県中西部、飯南郡にあった旧町名(飯南町(ちょう))。現在は松阪市中部の一地区。旧飯南町は、1956年(昭和31)柿野(かきの)町と粥見(かゆみ)町が合併して成立。町名は郡名による。2005年(平成17)嬉野(うれしの)、三雲(みくも)、飯高(いいたか)の3町とともに松阪市に合併した。国道166号、368号が通じる。中央構造線に沿う櫛田(くしだ)川の中流に位置し、段丘上に集落が並ぶが、耕地率わずか7%の山村である。林業と製材が主産業で、杉皮を特産するほか、シイタケ、茶、肉牛(松阪牛)、ニシキゴイを産する。とくに、低農薬有機栽培による深蒸し煎茶(せんちゃ)は全国品評会でも入賞している。櫛田川の渓流はアユ、アマゴの釣り場でも知られる。本郷の羯鼓(かんこ)踊は県の無形民俗文化財。[伊藤達雄]
『『飯南町史』(1984・飯南町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飯南の関連キーワード松阪市中部台運動公園飯南〈町〉三重県松阪市櫛田町勢和〈村〉三重県松阪市中央町三重県松阪市中万町三重県松阪市中林町三重県松阪市中町三重県松阪市中道町三重県松阪市本町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飯南の関連情報