コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤外線暗視装置 せきがいせんあんしそうち

1件 の用語解説(赤外線暗視装置の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

赤外線暗視装置【せきがいせんあんしそうち】

赤外線を利用して暗所で目に見えないものの映像を見る装置。赤外線を目的物に照射して,その反射映像をイメージ管などの電子管で可視光線に変え肉眼で見るアクティブ方式(ノクトビジョン)と,常温物体が放射する赤外線を半導体素子などで検知して可視の映像を得るパッシブ方式とがある。
→関連項目電子兵器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

赤外線暗視装置の関連キーワード赤外線光線療法赤外線電球雨夜の月赤外線顕微鏡赤外線療法遠赤外分光光度計赤外線加熱赤外線灯赤外分光

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone