コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤星病 アカボシビョウ

3件 の用語解説(赤星病の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あかぼし‐びょう〔‐ビヤウ〕【赤星病】

ナシ・リンゴタバコなどの葉の表面に銹病菌(さびびょうきん)などが寄生し、黄紅色の斑点をつくり、落葉させる病害。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あかぼしびょう【赤星病】

カビ類の寄生によるナシ・タバコなどの病害。葉の表面に赤褐色の斑点ができ、病勢が進めば葉が枯れてしまう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤星病
あかほしびょう

ナシ、リンゴおよびタバコの重要病害。ナシ、リンゴの赤星病はサビキンの一種であるギムノスポランギウムGymnosporangium属菌の寄生によっておこる。4月から7月にかけて、ナシ、リンゴの葉に橙黄(とうこう)色の小さい斑点(はんてん)ができ、しだいに拡大して黄褐色の斑点になる。葉の裏面はややこぶ状に盛り上がり、毛状の突起が多数形成されている。これは病原菌の銹子(しゅうし)器で、これから多数のさび胞子が放出される。7月以降は、さび胞子が中間宿主のビャクシン類に達して発芽し、寄生して冬を越す。発生が多いと早期落葉して大きな被害を受ける。
 この病気はナシまたはリンゴとビャクシン類に交互に寄生(異種寄生)するため、ビャクシン類が庭木として多く栽植されている住宅地の近くのナシ園でとくに発生が多い。防除には、園の近くにあるビャクシン類を除去するのがもっとも有効な方法である。なおナシの菌とリンゴの菌は寄生性が異なり、ナシの菌はナシのほかマルメロ、ボケ、カリンに、リンゴの菌はリンゴのほかズミ、カイドウに寄生する。
 タバコ赤星病は、これらとはまったく異なるアルテルナリア・アルテルナタAlternaria alternataという菌の寄生により、葉に輪紋のある褐色の径1センチメートルほどの斑点ができる。[梶原敏宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の赤星病の言及

【カイヅカイブキ(貝塚伊吹)】より

…おもな病気としてはビャクシンや近縁種にもつさび病があり,春に幹・枝・葉に紫褐色の寒天状の塊を生じる。このさび病菌の1種は,ビャクシン類を中間宿主として,ナシ,ボケ,カリンなどの赤星病を起こし重大な被害を与える。したがって,両者の栽培地は互いに隔離しておく必要がある。…

【銹病】より

…ただ,夏胞子はコムギに感染性をもっているので,機会と条件が整えば夏胞子により何回もコムギに銹病を起こさせることが可能である。ナシ赤星病も銹病の一種である。この銹病菌の中間寄主はビャクシン,カイヅカイブキである。…

※「赤星病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

赤星病の関連キーワード御先タバコタバコ切りタバコ銭タバコ盆寝タバコ懸タバコ噛みタバコ銹病菌水タバコ無煙タバコ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone