コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤星藍城 あかぼし らんじょう

1件 の用語解説(赤星藍城の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤星藍城 あかぼし-らんじょう

1857-1937 明治-昭和時代前期の医師,書家。
安政4年2月16日生まれ。赤星研造の養子。伊藤直純の招きで秋田県大曲に開業し,明治37年秋田市にうつる。書は斗南会に属し,六朝(りくちょう)風を得意とした。昭和12年10月18日死去。81歳。陸奥(むつ)伊具郡(宮城県)出身。東京大学卒。旧姓は早川。名は敬次郎。著作に「藍城遺墨帖」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

赤星藍城の関連キーワード楽弘入五十子敬斎小杉武司斎藤二朗鈴木諦教千宗左(12代)降矢芳郎松山茂森連山根愛吉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone