コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤星藍城 あかぼし らんじょう

1件 の用語解説(赤星藍城の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤星藍城 あかぼし-らんじょう

1857-1937 明治-昭和時代前期の医師,書家。
安政4年2月16日生まれ。赤星研造の養子。伊藤直純の招きで秋田県大曲に開業し,明治37年秋田市にうつる。書は斗南会に属し,六朝(りくちょう)風を得意とした。昭和12年10月18日死去。81歳。陸奥(むつ)伊具郡(宮城県)出身。東京大学卒。旧姓は早川。名は敬次郎。著作に「藍城遺墨帖」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤星藍城の関連キーワード中国映画日活(株)華北分離工作朝鮮映画東宝(株)広田弘毅内閣文化勲章中井正一接触変成作用輝岩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone