コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤星藍城(読み)あかぼし らんじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤星藍城 あかぼし-らんじょう

1857-1937 明治-昭和時代前期の医師,書家。
安政4年2月16日生まれ。赤星研造の養子。伊藤直純の招きで秋田県大曲に開業し,明治37年秋田市にうつる。書は斗南会に属し,六朝(りくちょう)風を得意とした。昭和12年10月18日死去。81歳。陸奥(むつ)伊具郡(宮城県)出身。東京大学卒。旧姓は早川。名は敬次郎。著作に「藍城遺墨帖」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android