コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松祐則 あかまつ すけのり

1件 の用語解説(赤松祐則の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松祐則 あかまつ-すけのり

?-1445 室町時代の武将。
赤松満政(みつまさ)の子。嘉吉(かきつ)の乱による赤松氏の衰退後,祖父満則(みつのり)の旧功によって幕府への出仕をゆるされた。のち赤松一族の旧領回復をくわだてて播磨(はりま),摂津で山名氏とたたかったが敗れて,文安2年4月24日討ち死にした。通称は三郎。別名に教政。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤松祐則の関連キーワード柬埔寨道蔵函館八幡宮ピナトゥボ山函館八幡宮細川勝元赤松満政李芸小笠原持長宇喜也嘉

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone