コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤橋英時 あかはし ひでとき

3件 の用語解説(赤橋英時の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤橋英時 あかはし-ひでとき

?-1333 鎌倉時代の武将。
赤橋久時の子。赤橋守時の弟。鎮西(ちんぜい)探題となり博多に赴任。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年肥後(熊本県)の菊池武時(たけとき)の反乱を鎮定したが,大友貞宗(さだむね),少弐貞経(しょうに-さだつね)らに敗れ同年5月25日自害した。九州二条派の歌壇の中心で,歌は「臨永和歌集」などにある。通称は武蔵修理亮。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

赤橋英時

没年:正慶2/元弘3.5.25(1333.7.7)
生年:生年不詳
鎌倉幕府最後の鎮西探題。久時の子。兄に最後の執権守時,妹に足利尊氏の妻登子がある。修理亮。元享1(1321)年北条随時の後任として鎮西探題に就任。後醍醐天皇を中心とする倒幕勢力が各地で蜂起する状況をうけ,九州でも元弘3(1333)年5月,大友貞宗,少弐貞経らは博多にあった鎮西探題の館を攻撃し,25日に英時は自殺し,鎮西探題は滅亡。『臨永和歌集』『松花和歌集』『続現葉和歌集』などに英時の和歌が収録されている。<参考文献>川添昭二編『鎮西探題史料集』下

(瀬野精一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あかはしひでとき【赤橋英時】

?‐1333(元弘3)
鎌倉幕府最後の鎮西探題。北条久時の子,執権守時の弟。1321年(元亨1)鎮西探題に就任。しかし得宗専制体制下,鎮西探題も得宗権力機関的性格を強め,在地との矛盾は深まっていった。33年3月後醍醐天皇の討幕運動に応じて菊池武時が挙兵,英時はいったんこれを鎮圧したが情勢の急激な展開のなかで孤立し,九州の有力武士の攻撃をうけて自害した。二条派の歌をよくした。【青山 幹哉】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

赤橋英時の関連キーワード赤橋守時鎌倉幕府九州探題探題中国探題鎮西探題赤橋登子金沢実政北条政顕北条随時

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone