コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シクマ

デジタル大辞泉の解説

し‐くま【×羆】

《「しぐま」とも》「ひぐま」に同じ。〈和名抄

ひ【×羆】

ひぐま」に同じ。
「今日の獲物は熊(ゆう)に非ず―に非ず」〈太平記・三〇〉

ひ‐ぐま【×羆】

クマ科の哺乳類。ヨーロッパからアジア北部、北アメリカにかけて分布。多くの亜種があり、ふつう体長約2メートル、体重約200キロ。体色も灰褐色・赤褐色・黒褐色と変化が多く、地方によりアカグマ・ハイイログマなどとよばれる。北海道にすむ亜種エゾヒグマはツキノワグマより大きく、性質も荒い。樹洞などで冬ごもりする。肉食を主とする雑食性。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひぐま【羆】

大形のクマ。頭胴長1.8~2.8メートル。体は褐色・赤褐色からほとんど黒色まで変化に富む。冬は穴の中で冬眠する。ヨーロッパからシベリア・アラスカまで広く分布し、日本には北海道に一亜種エゾヒグマがいる。森林や高山にすみ、性質は荒い。ひ(羆)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

羆 (ヒグマ)

動物。クマ一種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

羆の関連キーワード日高山脈襟裳国定公園三毛別羆事件オートモ号車ラジオドラマ灰色の北壁河野鉄兜伊藤樵渓敷居・閾黒色動物高山四獣熊羆森林

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羆の関連情報