コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 シクマ

4件 の用語解説(羆の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し‐くま【×羆】

《「しぐま」とも》「ひぐま」に同じ。〈和名抄

ひ【×羆】

ひぐま」に同じ。
「今日の獲物は熊(ゆう)に非ず―に非ず」〈太平記・三〇〉

ひ‐ぐま【×羆】

クマ科の哺乳類ヨーロッパからアジア北部、北アメリカにかけて分布。多くの亜種があり、ふつう体長約2メートル、体重約200キロ。体色も灰褐色・赤褐色黒褐色と変化が多く、地方によりアカグマ・ハイイログマなどとよばれる。北海道にすむ亜種エゾヒグマツキノワグマより大きく、性質も荒い。樹洞などで冬ごもりする。肉食を主とする雑食性。 冬》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひぐま【羆】

大形のクマ。頭胴長1.8~2.8メートル。体は褐色・赤褐色からほとんど黒色まで変化に富む。冬は穴の中で冬眠する。ヨーロッパからシベリア・アラスカまで広く分布し、日本には北海道に一亜種エゾヒグマがいる。森林や高山にすみ、性質は荒い。ひ(羆)。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羆の関連キーワードオーロックスハムスターヨーロッパ開発基金飯綱大山猫毛長鼬針鼠ヨーロッパロシア北栗鼠ヒグマ(羆)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

羆の関連情報