コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤田臥牛 あかだ がぎゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤田臥牛 あかだ-がぎゅう

1747-1822 江戸時代中期-後期の儒者。
延享4年生まれ。生家は飛騨(ひだ)(岐阜県)高山の酒造業。学をこのみ,松平君山(くんざん),浅井図南,竜草廬(りゅう-そうろ),館柳湾(たち-りゅうわん)らと交遊。のち学塾静修館をひらいた。文政5年7月22日死去。76歳。名ははじめ朱義,のち元義。字(あざな)は伯宜。通称は新助。著作に「臥牛集初編」「滴水園十勝」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

赤田臥牛の関連キーワードアフマド・シャー・ドゥッラーニー日本の医学史(年表)宇田川榕菴ヘンミ竹田出雲(初代)桃園天皇ドゥラーニー朝桂川甫筑ベロット桃園天皇