コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤目河豚 アカメフグ

デジタル大辞泉の解説

あかめ‐ふぐ【赤目河豚】

フグ科の海水魚。全長27センチくらい。目が赤く、体色は明るい褐色で小黒紋が散在する。内臓の毒は強いが肉は無毒。日本固有種で、房総半島から四国までの太平洋岸に分布

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あかめふぐ【赤目河豚】

フグ目の海魚。全長約25センチメートル。体はやや側扁し、背は桃色または黄褐色の地色に小黒点が散在する。毒性は強いが、肉と精巣は食用にされる。本州中部の太平洋沿岸だけに分布。
目の赤いフグの総称。クサフグ・シマフグ・ヒガンフグなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

赤目河豚 (アカメフグ)

学名:Takifugu chrysops
動物。フグ科の海水魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

赤目河豚の関連キーワード黄褐色桃色食用海魚精巣地色毒性総称

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android