コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤石行三 あかいし こうぞう

1件 の用語解説(赤石行三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤石行三 あかいし-こうぞう

1830-1896 幕末-明治時代の武士,実業家。
天保(てんぽう)元年生まれ。赤石愛太郎の養子。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。鰺ケ沢(あじがさわ)町奉行,京都留守居役をつとめる。維新後,第五十九国立銀行の支配人となり,明治24年弘前市長。明治29年9月5日死去。67歳。本姓は土岐。初名は礼次郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤石行三の関連キーワード深刻小説民衆を導く自由の女神シャルル赤と黒お蔭参り七月革命歌川広重(初代)大塩平八郎天童藩強制栽培制度

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone