コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤間石 あかまがいし

デジタル大辞泉の解説

あかま‐いし【赤間石】

山口県宇部市周辺で産する輝緑凝灰岩。赤褐色・紫色の緻密(ちみつ)な岩石。硯石(すずりいし)にする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

赤間石【あかまがいし】

山口県厚狭(あさ)郡山陽町(現・山陽小野田市)に産する石材で中生代の凝灰岩。紫色または紫青色の緻密(ちみつ)な岩石で,剥離(はくり)性に乏しい。硯(すずり)石に利用。
→関連項目下関[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あかまいし【赤間石】

赤褐色の輝緑凝灰岩。山口県宇部市楠地区に産する。硯石すずりいしとされる。あかま。紫金石。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

赤間石の関連キーワード赤間硯紫金石

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android