コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤間石 あかまがいし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤間石
あかまがいし

山口県南西部の旧厚狭郡の各地から産出する中生代輝緑凝灰岩赤褐色石質が緻密。古来硯石に用いられたため,この岩石を含む地層石統と呼ばれたが,現在では関門層群という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あかま‐いし【赤間石】

山口県宇部市周辺で産する輝緑凝灰岩。赤褐色・紫色の緻密(ちみつ)な岩石。硯石(すずりいし)にする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

赤間石【あかまがいし】

山口県厚狭(あさ)郡山陽町(現・山陽小野田市)に産する石材で中生代の凝灰岩。紫色または紫青色の緻密(ちみつ)な岩石で,剥離(はくり)性に乏しい。硯(すずり)石に利用。
→関連項目下関[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

あかまいし【赤間石】

赤褐色の輝緑凝灰岩。山口県宇部市楠地区に産する。硯石すずりいしとされる。あかま。紫金石。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

赤間石の関連キーワード赤間硯紫金石

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤間石の関連情報