コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越乃寒梅(こしのかんばい)

デジタル大辞泉プラスの解説

越乃寒梅(こしのかんばい)

新潟県、石本酒造株式会社の製造する日本酒。平成21、22、23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

こしのかんばい【越乃寒梅】

新潟の日本酒。酒名は、地元が梅の里であったことに由来。地酒ブームの先駆けとなった銘柄。「雪中梅」「峰乃白梅」と並び「越後三梅」として知られる。大吟醸酒「超特撰」、純米吟醸酒金無垢」、特別本醸造酒「別撰」、普通酒「白ラベル」などがある。平成2、4、5、12、16、17、21~23年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、五百万石。仕込み水は阿賀野川伏流水。蔵元の「石本酒造」は明治40年(1907)創業。所在地は新潟市江南区北山。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

越乃寒梅(こしのかんばい)の関連キーワード新潟県

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android