コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越前水母 エチゼンクラゲ

デジタル大辞泉の解説

えちぜん‐くらげ〔ヱチゼン‐〕【越前水母】

ビゼンクラゲ科のクラゲ。淡褐色をし、傘は半球形で厚く硬い。直径1メートル、重さ150キロを超すものもある。朝鮮半島南岸や中国沿岸に産し、海流に乗って日本海を北上する。ビゼンクラゲと同様、食用ともされる。 夏》
[補説]平成14年(2002)頃から不定期に大発生して日本沿岸に流れ着き、漁業に深刻な被害を与えている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えちぜんくらげ【越前水母】

日本近海に生息する最大のクラゲ。淡褐色の半球形で、傘の直径1メートルに達し、重さ150キログラムにもなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

越前水母 (エチゼンクラゲ)

学名:Stomolophus meleagris
動物。エチゼンクラゲ科のクラゲ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android