趙令穣(読み)ちょうれいじょう(英語表記)Zhao Ling-rang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

趙令穣
ちょうれいじょう
Zhao Ling-rang

中国,北宋末の士大夫画家。字は大年。宋の宗室の出身で,官吏となり,のちに崇信軍節度観察留後にいたった。また博学で文章,書画にすぐれ,唐代の絵画を学び,やわらかい筆致と清麗な画趣山水画,ことに小景画を好んで描いた。『秋塘図』 (大和文華館) など伝称作品が現存する。弟の令松,従弟の令皎 (れいこう) ,令庇らも画技に長じた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

趙令穣【ちょうれいじょう】

中国,北宋哲宗朝(11世紀)の画家。生没年不詳。太祖の5代目の子孫で,字は大年。蘇軾(そしょく)に墨竹を学び,王維に私淑して山水を描いた。詩的情趣を盛り込んだ細密画風の山水画は,盛唐の李思訓父子の画風の復興をねらったものとみられる。
→関連項目銭選

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android