コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利紫山 あしかが しざん

美術人名辞典の解説

足利紫山

臨済宗の僧。方広寺派管長。愛知県生。8才で得度、のち上京し、臨済宗総黌で今北洪川に師事、また儒学者安井息軒に漢学を学ぶ。のち正眼寺泰竜文彙・相国寺荻野独園に参じた。筆跡は枯淡のうちに雅致に富み、孤高の風格を表わしている。昭和34年(1959)寂、100才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足利紫山 あしかが-しざん

1859-1959 明治-昭和時代の僧。
安政6年4月1日生まれ。泰竜文彙(たいりゅう-ぶんい),荻野独園(おぎの-どくおん)らについて修行。明治24年大分の万寿寺住持となる。翌年独園の法をつぎ,臨済宗(りんざいしゅう)方広寺派管長,臨済宗初代管長をつとめた。昭和34年12月30日死去。100歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。麟祥院(りんしょういん)臨済宗僧校卒。俗姓は野々垣。法名は恵温。著作に「臨済録提唱」「毒語心経提唱」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

足利紫山の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android