コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麟祥院 リンショウイン

デジタル大辞泉の解説

りんしょう‐いん〔リンシヤウヰン〕【麟祥院】

東京都文京区にある臨済宗妙心寺派の寺。山号は、天沢山。通称、枳殻寺(からたちでら)。寛永元年(1624)春日局(かすがのつぼね)法号、麟祥院)の建立。開山は渭川周瀏。報恩山天沢寺と称したが、局の没後、現寺号に改称。春日局の墓がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りんしょういん【麟祥院】

東京都文京区湯島にある臨済宗妙心寺派の寺。山号、天沢山。1624年、春日局かすがのつぼねの創建で、その墓がある。枳殻寺からたちでら

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の麟祥院の言及

【春日局】より

…局との縁故で幕府に登用されたものは多く,夫正成は大名,子正勝は老中,兄斎藤利宗・三存,女婿堀田正吉は旗本,なかでも正吉の子正盛は老中をへて家光側近随一の重臣に取り立てられた。晩年,湯島に天沢寺を建立し,34年,子正勝没後は麟祥院と称した。東京都文京区春日の地名は,そこに局の屋敷のあったことに由来する。…

※「麟祥院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

麟祥院の関連キーワード東京都文京区湯島足利 紫山海北友雪東洋大学足利紫山黄檗宗湯島

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

麟祥院の関連情報