麟祥院(読み)りんしょういん

精選版 日本国語大辞典「麟祥院」の解説

りんしょう‐いん リンシャウヰン【麟祥院】

東京都文京区湯島にある臨済宗妙心寺派の寺。山号は天沢山。寛永元年(一六二四開創開基春日局(かすがのつぼね)開山は渭川周瀏(いせんしゅうりゅう)。はじめ報恩山天沢寺といい、局の死後家光の命によって埋葬、局の法号を寺名とする。寺域周囲に枳殻(からたち)を用いたので枳殻寺通称される。臨済宗江戸四か寺の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「麟祥院」の解説

りんしょう‐いん〔リンシヤウヰン〕【麟祥院】

東京都文京区にある臨済宗妙心寺派の寺。山号は、天沢山。通称、枳殻寺(からたちでら)。寛永元年(1624)春日局(かすがのつぼね)(法号、麟祥院)の建立。開山は渭川周瀏。報恩山天沢寺と称したが、局の没後、現寺号に改称。春日局のがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の麟祥院の言及

【春日局】より

…局との縁故で幕府に登用されたものは多く,夫正成は大名,子正勝は老中,兄斎藤利宗・三存,女婿堀田正吉は旗本,なかでも正吉の子正盛は老中をへて家光側近随一の重臣に取り立てられた。晩年,湯島に天沢寺を建立し,34年,子正勝没後は麟祥院と称した。東京都文京区春日の地名は,そこに局の屋敷のあったことに由来する。…

※「麟祥院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android