コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

踊子草 オドリコソウ

デジタル大辞泉の解説

おどりこ‐そう〔をどりこサウ〕【踊子草】

シソ科の多年草。山野のやや日陰に生え、高さ30~50センチ。茎は四角柱で、節に長い毛がある。葉は卵形で対生する。4~6月ごろ、葉の付け根ごとに淡紅紫色または白色の唇形の花を輪生する。名は、花を笠をかぶった踊り子に見立てたことによる。野芝麻。 夏》「―咲きむらがれる坊の庭/青邨

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おどりこそう【踊子草】

シソ科の多年草。原野に自生し、茎は四角で高さ30~50センチメートル。葉は卵形で対生し、粗い鋸歯がある。初夏、葉腋に白か淡紅色の唇形花を開く。和名は花冠の上唇を笠に、下唇を踊り子にみたてたもの。若芽を食用にする。野芝麻。踊り草。踊り花。 [季] 夏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

踊子草 (オドリコソウ)

学名:Lamium album var.barbatum
植物。シソ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

踊子草の関連キーワードオドリコソウ唇形花食用初夏和名下唇若芽上唇原野葉腋花冠

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android