コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蹴出 けだし

1件 の用語解説(蹴出の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

蹴出【けだし】

裾(すそ)よけとも。縮緬(ちりめん)などの無地や絞りを用いて単(ひとえ)または袷(あわせ)に仕立て,湯文字(ゆもじ)の表に重ねて腰部に巻き,着物の内に着装する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の蹴出の言及

【腰巻】より

…初めは武家社会の婦人の礼装として用いられた表着(うわぎ)を指したが,江戸時代後期以降主として庶民社会の女性に用いられた湯巻や蹴出(けだし)のことを腰巻というようになった。さらに現代では腰から脚部にかけてまとう布を,腰巻と総称するようになった。…

※「蹴出」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蹴出の関連キーワード鶉縮緬御召縮緬縞縮緬縮緬絵縮緬紙縮緬雑魚縮緬皺綿縮緬紋縮緬絽縮緬

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蹴出の関連情報