コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蹴出 けだし

百科事典マイペディアの解説

蹴出【けだし】

裾(すそ)よけとも。縮緬(ちりめん)などの無地や絞りを用いて単(ひとえ)または袷(あわせ)に仕立て,湯文字(ゆもじ)の表に重ねて腰部に巻き,着物の内に着装する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の蹴出の言及

【腰巻】より

…初めは武家社会の婦人の礼装として用いられた表着(うわぎ)を指したが,江戸時代後期以降主として庶民社会の女性に用いられた湯巻や蹴出(けだし)のことを腰巻というようになった。さらに現代では腰から脚部にかけてまとう布を,腰巻と総称するようになった。…

※「蹴出」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蹴出の関連キーワード踏み含む仄めかすびらりやらん据ゑ腰裾除け阿波踊下着襦袢腰巻湯巻

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蹴出の関連情報