コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身自鏡 みのかがみ

世界大百科事典 第2版の解説

みのかがみ【身自鏡】

毛利家の家臣玉木土佐守吉保(1552‐1633)の自叙伝。1617年(元和3)に作られた。吉保の先祖および自身の誕生から老年に至る事跡を年代順に叙述。年月日付には若干の記憶違いがみられるが,戦国時代を生きぬいた地方武士の生活が生き生きと記されている好史料。とくに,著者の体験に基づく,当時の寺院教育の教授法,教科書などが詳しく記されており,教育史料としても貴重である。【勝俣 鎮夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

身自鏡の関連キーワードザビエルロンサールザビエルバンテン王国ラテン・アメリカ文学ユリウス3世回復勅令カザン・ハン国日本海および海底地名の変更要求高伝寺

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android