コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身自鏡 みのかがみ

1件 の用語解説(身自鏡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みのかがみ【身自鏡】

毛利家の家臣玉木土佐守吉保(1552‐1633)の自叙伝。1617年(元和3)に作られた。吉保の先祖および自身の誕生から老年に至る事跡を年代順に叙述。年月日付には若干の記憶違いがみられるが,戦国時代を生きぬいた地方武士の生活が生き生きと記されている好史料。とくに,著者の体験に基づく,当時の寺院教育の教授法,教科書などが詳しく記されており,教育史料としても貴重である。【勝俣 鎮夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

身自鏡の関連キーワードザビエルロンサールバンテン王国日本海および海底地名の変更要求高伝寺カザンハン国根本寺周期表高山右近弾誓

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone