コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍事型社会 ぐんじがたしゃかい

2件 の用語解説(軍事型社会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍事型社会
ぐんじがたしゃかい

産業型社会」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軍事型社会
ぐんじがたしゃかい
militant type of society

イギリスの社会学者H・スペンサーの用語。彼は、社会を支配的な社会活動の差異に従って軍事型社会産業型社会industrial type of societyに類別し、前者から後者への進化を説いた。軍事型社会の典型は原始社会にあるとされ、それは自給自足的な社会、外部社会とは不断に攻撃・防衛の関係に置かれた社会であるから、軍事的活動が支配的で、それが政治的統制をも絶対化する。すなわち、対内的規律は「強制的協同」であり、公的組織が全体を支配し、私的組織は排除され、全体の諸権利がすべてであって、成員の私的な諸権利はすべて無である。それは、個々の有機体が主要な神経中枢に支配されているように、個人は社会に服従するものとされ、動物有機体に近い。その対極に、より進化した産業型社会が置かれ、ここでは諸個人の「自発的協同」、私的組織の復権、国家による個人の権利の擁護という「超有機体」の社会となる。[田原音和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone