コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業型社会 さんぎょうがたしゃかい industrial type of society

2件 の用語解説(産業型社会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産業型社会
さんぎょうがたしゃかい
industrial type of society

近代資本主義社会が出現した 19世紀後半のイギリスを表象して,イギリスの社会学者 H.スペンサーが定義づけた社会のこと。スペンサー原始社会を典型とする軍事型社会に対し,この産業型社会の典型は近代的商業社会であるとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

産業型社会
さんぎょうがたしゃかい
industrial type of society

イギリスの社会学者H・スペンサーが軍事型社会militant type of societyに対置した社会類型の一つ。社会が原始状態を脱して軍事的活動が重要性をもたなくなると、産業が支配的な社会となり、成員は自由に産業に従事し、職業の分化に伴って異質性と連帯性が増加し、対内的規律は「自発的協同」が支配的となる。そこでは、自由な貿易、私的組織の民主的かつ自由な発達がみられ、成員の意志を至上のものとする政府の役割は個人の権利の保護と調整に縮小されるようになる。社会有機体説をとる彼の立場からすると、こうした産業型社会は「超有機体」に近いものとなる。彼は、この産業型と軍事型の2社会類型がどの社会でも併存してきたと考えるが、後者から前者への移行を進化と考えており、産業型社会こそが近代市民社会の完成態とみていた。社会発展の二分法的類型化の典型とみられるが、のちに多くの批判にさらされた。[田原音和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

産業型社会の関連キーワード科学的社会主義機械文明講壇社会主義資本主義社会独占資本主義近代資本主義《近代資本主義》現代資本主義《私的企業と社会的費用――現代資本主義における公害の問題》《資本主義・社会主義・民主主義》

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone