転筋(読み)テンキン

精選版 日本国語大辞典の解説

からす‐なえ ‥なへ【転筋】

※運歩色葉(1548)「転筋 カラスナヘ」

からす‐なえり ‥なへり【転筋】

※二十巻本和名抄(934頃)三「転筋 〈略〉〈俗云古無良加倍利 一云加良須奈倍利〉」

からす‐なめり【転筋】

〘名〙 足のふくらはぎの筋肉が突然けいれんをおこすこと。こむらがえり。からすがえり。からすなえ。からすなえり。
※十巻本和名抄(934頃)二「転筋 脚気論云転筋〈俗云 古无良加倍利 一云加良須奈米理〉由脚弱所生也」

てん‐きん【転筋】

〘名〙 激しい痛みを伴う局所性の痙攣(けいれん)。多くはふくらはぎの筋肉の痙攣。こむらがえり。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※雑談集(1305)一〇「転筋(テンキン)(〈注〉コブラカヘリ)の病には、木瓜をあぶりて、さすりなづれば愈ゆ」 〔韓非子‐外儲説左上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

転筋の関連情報