軽服(読み)きょうぶく

精選版 日本国語大辞典「軽服」の解説

きょう‐ぶく キャウ‥【軽服】

〘名〙 (「きょう」は「軽」の呉音)
① 軽い喪。または、その喪に服すこと。⇔重服(じゅうぶく)
※延喜式(927)三「凡祈年、賀茂、月次〈略〉雖軽服人、致斎并散斎之日、不参入
※源氏(1001‐14頃)蜻蛉「后の宮の御きゃうふくの程は、猶かくておはしますに」 〔礼記‐曾子問〕
② 軽い喪に服する時に着用する喪服。
※中右記‐嘉承二年(1107)八月二三日「今日摂政殿初令軽服給」

けい‐ふく【軽服】

〘名〙 軽い衣服。てがるな服装。また、軽くて上等な衣服。
※日本外史(1827)一七「吉隆有悪疾面、軽服坐轎」 〔春秋左伝‐昭公三二年〕

けい‐ぶく【軽服】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「軽服」の解説

きょう‐ぶく〔キヤウ‐〕【軽服】

遠縁の者の死去による、軽い服喪。また、そのとき着用する喪服。→重服(じゅうぶく)
「きさいの宮の御―の程は、なほかくておはしますに」〈・蜻蛉〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android