輦轂(読み)レンコク

精選版 日本国語大辞典の解説

れん‐こく【輦轂】

〘名〙
(てぐるま)のこしき。
※家伝(760頃)下「賛曰、積善之後、余慶鬱郁、冠蓋相尋、翼賛輦、孫々子々、恒為耳目」
② 天子の車。天皇ののりもの。輦。
※吾妻鏡‐建久三年(1192)三月二日「而校尉者王之爪牙也。専為輦轂之警衛」 〔晉書‐劉毅伝〕
※済北集(1346頃か)一三・東山門属祭無為「化溢西東、名震輦轂、麾斥王公、駆馳侯伯

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報