コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪島聞声 わじま もんしょう

2件 の用語解説(輪島聞声の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

輪島聞声 わじま-もんしょう

1852-1920 明治-大正時代の尼僧,教育者。
嘉永(かえい)5年5月15日生まれ。浄土宗。明治9年福田行誡(ぎょうかい)について得度。21年東京感応寺住職,翌年東京尼衆教場の監督兼教授。25年小石川伝通院内に淑徳女学校を創立し,女子教育につくした。大正9年4月3日死去。69歳。蝦夷地(北海道)福山出身。俗名はこと子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

輪島聞声

没年:大正9.4.3(1920)
生年:嘉永5.5.15(1852.7.2)
明治時代の浄土宗の尼僧,教育者。松前藩福山(北海道松前郡)に生まれる。明治9(1876)年,浄土宗の僧福田行誡 について出家,東京の感応寺に住む。同12年,京都知恩院内の入信院に移り,浄土宗大学林に入学。同19年,浄土宗宗務に尼僧教育に関する意見書を提出。同21年,知恩院入信院に尼衆教場を創設,教場を内田貞恩尼に託し感応寺に移る。再び浄土宗会に普通女子教育の建白書を提出。翌年,東京芝増上寺に東京尼衆教場を開設,監督兼教授に就任する。同24年,浄土宗宗務所に普通女学校設立願を提出。翌年,野沢俊圀,茅根学順と共に東京小石川の伝通院に淑徳女学校を創設した。同36年,学校を浄土宗立とし監督に就任。早くから女性教育に着目し具体化した功績は大きい。<参考文献>常光浩然『明治の仏教者』

(岡村喜史)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

輪島聞声の関連キーワード西山鑑智国師法界庵夢遊万霊光誉良忠向阿鎮西派大島徹水颯田諦真澄円松前徳広

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

輪島聞声の関連情報