コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸出検査法 ゆしゅつけんさほう

1件 の用語解説(輸出検査法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輸出検査法
ゆしゅつけんさほう

昭和 32年法律 97号。 1997年廃止。輸出検査を行うことによって,輸出品の声価の維持および向上をはかり,輸出貿易の健全な発達に寄与することを目的としている (1条) 。第2次世界大戦後定められた輸出品取締法 (昭和 23年法律 153号) に代って定められたものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

輸出検査法の関連キーワード香港映画ホンダ・インターナビASEANスペイン映画武幸四郎日産ディーゼル 大型低床路線バスEBS(電子制御ブレーキシステム)ブルガリア文学草野満代イマヤス

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone