コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辛店遺跡 しんてんいせきXin-dian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

辛店遺跡
しんてんいせき
Xin-dian

中国甘粛省 洮沙県辛店にある遺跡。辛店村の北約 600mの 洮河東岸の台地上に数ヵ所に分れて存在する。 1924年スウェーデンの考古学者 J.アンダーソンによって,墳墓住居址などの発掘が行われた。様式の異なる3種類の土器が出土しているが,このうち辛店A地の墓からは仰韶式とはやや異なる彩陶が出土し,辛店式と呼ばれる。これは仰韶式より新しい土器として認識され,灰褐色粗質で,肩部および頸部に取手のつく壺が多い。また,これらの墓からは青銅器も出土し,中原の青銅器時代に並行する文化と考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんてんいせき【辛店遺跡 Xīn diàn yí zhǐ】

中国,甘粛省臨洮県(旧,洮沙県)にある先史時代辛店文化の墓地遺跡。洮河(とうが)にのぞむ馬蘭段丘の上に位置し,1924年J.G.アンダーソンによって調査された。渓谷の北のA地点では100基近くもの墓があったと推定されるが,蘭州でのアンダーソンの土器の購入収集により大々的に掘りかえされ,正式に調査されたのは北枕の伸展葬の墓数基にすぎない。副葬品には土器,石器,骨角器のほかに青銅製品があり,すでに青銅器時代に属している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

辛店遺跡の関連キーワード斉家坪遺跡

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android