辰松八郎兵衛(2代)(読み)たつまつ はちろべえ

  • 辰松八郎兵衛(2代) たつまつ-はちろべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1685-1750 江戸時代中期の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い・作者。
貞享(じょうきょう)2年生まれ。初代辰松八郎兵衛の弟。江戸の辰松座で活躍。享保(きょうほう)19年兄の病没後2代を襲名し,辰松座をついだ。寛延3年11月24日死去。66歳。初名は幸助。作品に「愛護若都の富士」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android