コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辰馬きよ子 たつうま きよこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辰馬きよ子 たつうま-きよこ

1809-1901 幕末-明治時代の醸造家。
文化6年7月6日生まれ。清酒「白鹿」の醸造元10代辰馬吉左衛門の娘。安政2年夫が死去したのち家業をつぎ,杜氏(とうじ)の栄之介を番頭にし,生産の近代化,販売網の拡大をはかる。明治32年醸造高を灘五郷(なだごごう)で最大とした。明治34年1月16日死去。93歳。摂津西宮(兵庫県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

辰馬きよ子の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android