農業近代化資金助成法(読み)のうぎょうきんだいかしきんじょせいほう

百科事典マイペディアの解説

農業近代化資金助成法【のうぎょうきんだいかしきんじょせいほう】

農家や農業協同組合に対する農協系統資金の長期低利融資に,国・都道府県利子補給することを定めた法律(1961年)。対象は農業近代化のための施設,農機具,家畜飼育,果樹栽培等の資金。農業基本法を金融面から補うもの。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のうぎょうきんだいかしきんじょせいほう【農業近代化資金助成法】

農業基本法にもとづく農業政策の一環として,農家農業協同組合などの近代化投資を推進するために,財政資金で利子補給を行って借手の金利負担を軽減することを定めた法律。1961年成立。本法によって利子補給される資金が農業近代化資金である。借手の負担金利(年利)は7分5厘以内,償還期限は20年以内と定められており,長期・低利の農業資金である。制度金融の一種。融資は農協等の融資機関を通じて行われ,その機関に国と都道府県が利子補給を行う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android