農用抗生物質(読み)のうようこうせいぶっしつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農用抗生物質
のうようこうせいぶっしつ

農作物の病害虫防除農薬として使用される抗生物質。植物のバクテリア病に対するストレプトマイシン,水稲のいもち病予防に薬効があるカスガマイシンブラストサイジンSや,イネの紋枯病,果樹,野菜のうどん粉病などに効力のあるポリオキシンなどがある。日本で開発され,実用化されたものが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android