農用抗生物質(読み)のうようこうせいぶっしつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農用抗生物質
のうようこうせいぶっしつ

農作物の病害虫防除農薬として使用される抗生物質。植物のバクテリア病に対するストレプトマイシン,水稲のいもち病予防に薬効があるカスガマイシンブラストサイジンSや,イネの紋枯病,果樹,野菜のうどん粉病などに効力のあるポリオキシンなどがある。日本で開発され,実用化されたものが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android