コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紋枯病 もんがれびょう

3件 の用語解説(紋枯病の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紋枯病
もんがれびょう

植物の病気の一つ。葉や葉鞘に大きな枯死斑を生じる病気で,稲や七島藺 (い) などに大きな被害を与える。担子菌のペリキュラリア pelliculariaの寄生によるもので,病斑に生じる褐色の小さな菌核が越年して伝染源となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

紋枯病【もんがれびょう】

担子菌類タナテフォーラス・ククメリスによるイネ科作物の重大な病気。葉や葉鞘に灰緑〜灰白色の大きな病斑を生じ,やがてその上に褐色で半球形の菌核を生じる。日本のイネではきわめて被害が大きい。
→関連項目植物菌類病

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紋枯病
もんがれびょう

イネの重要な病気で、おもに葉鞘(ようしょう)に発生する。初め暗緑色水浸状の病斑(びょうはん)ができ、のちに周縁が褐色、中心部は灰白色の病斑になる。夏の気温が高いと発生が多くなるが、このようなときには、病斑は下部の葉鞘から上部の葉鞘に進展し、典型的な紋枯れ症状を呈する。とくに発生が多いときは葉や穂首にも発病し、灰緑色になって腐る。また倒伏の原因になり被害が大きくなる。病原菌は担子(たんし)菌の一種でタナテフォルス・ククメリスThanatephorus cucumeris(不完全世代はリゾクトニア・ソラニRhizoctonia solani)である。この菌は多くの作物に寄生して被害を与える。トウモロコシ、イグサではイネと同様に紋枯病といわれるが、牧草類では葉腐(はぐされ)病、野菜類では苗立枯(たちがれ)病あるいは根腐(ねぐされ)病、樹木類ではくもの巣病などとよばれている。防除は、イネでは抵抗性の品種がなく、どの品種も侵されるので、薬剤による方法がもっとも効果的である。最近は、バリダマイシン剤、メプロニル剤、フルトラニル剤、ペンシクロン剤など効果の高い薬剤が開発されているので、これらの製剤を出穂(しゅっすい)の20~10日前に散布する。[梶原敏宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紋枯病の関連キーワード青枯病黒斑病ジベレリン気の病粘毛余病植物病理学褐斑病(トウモロコシ)白絹病(ライグラス)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone