コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大辞林 第三版の解説

う【迂】

( 名 ・形動ナリ )
世事にうとく実用に向かない・こと(さま)。 「論理に敏にして処事に-なる一先生なり/筆まかせ 子規

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

迂の関連キーワード右・宇・有・烏・紆・羽・迂・雨川村伝左衛門中岡慎太郎山本澹泊斎神楽江巻石伊豆原麻谷村士玉水山本迂斎中山菁莪集堂学山永山二水鈴木養察笹岡泊斎吉村紫溟稲葉黙斎岩城隆韶河井荃廬桜木誾斎幸田誠之服部栗斎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

迂の関連情報