コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤用随 こんどう もちゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤用随 こんどう-もちゆき

1715-1781 江戸時代中期の武士。
正徳(しょうとく)5年生まれ。旗本近藤貞用(さだもち)の次男。宝暦2年江戸から領地の遠江(とおとうみ)(静岡県)気賀にうつる。宝永4年の大震災でうけた被害からの復興につとめた。また豊後(ぶんご)(大分県)特産の琉球藺(い)の移植に成功し,のちそれをあんだ畳表(おもて)は「遠州表」として知られるようになった。天明元年死去。67歳。江戸出身。通称は縫殿助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

近藤用随の関連キーワードルイルイルイ王朝様式蓼太藩学一覧ディナールイ[14世]ロココ美術ナティエ森川許六

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android