コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤用随 こんどう もちゆき

1件 の用語解説(近藤用随の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤用随 こんどう-もちゆき

1715-1781 江戸時代中期の武士。
正徳(しょうとく)5年生まれ。旗本近藤貞用(さだもち)の次男。宝暦2年江戸から領地の遠江(とおとうみ)(静岡県)気賀にうつる。宝永4年の大震災でうけた被害からの復興につとめた。また豊後(ぶんご)(大分県)特産の琉球藺(い)の移植に成功し,のちそれをあんだ畳表(おもて)は「遠州表」として知られるようになった。天明元年死去。67歳。江戸出身。通称は縫殿助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

近藤用随の関連キーワード為笑黒田六市郎交寛美是一(5代)斎藤一信佐野政親関又右衛門滝信彦武田信村蝶左坊

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone