コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気賀 きが

2件 の用語解説(気賀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気賀
きが

静岡県西部,浜松市南部の旧町域。浜名湖の北東岸に位置する。 1937年まで「けが」と称した。 1955年中川村と合体して細江町となり,2005年浜松市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い北区の一部となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気賀
きが

静岡県浜松市北区細江町地域の中心地区。旧気賀町。浜名湖北岸、都田(みやこだ)川下流域。天竜浜名湖鉄道、国道362号(姫(ひめ)街道)が通じる。江戸時代、東海道の脇往還(わきおうかん)本坂通(通称姫街道)の宿駅。寛永(かんえい)(1624~1644)初年、気賀関所が置かれ、旗本気賀近藤氏が管理にあたり、湖南の新居(あらい)関所とともに通行の人々を取り締まった。1843年(天保14)本陣1、脇本陣1、旅籠(はたご)屋8。[川崎文昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の気賀の言及

【細江[町]】より

…町域の中央部には都田(みやこだ)川の沖積地が広がり,北部は山地,南部は三方原が占める。中心の気賀(きが)はかつて浜名湖舟運の一拠点で,江戸時代には三ヶ日,浜松に通じる東海道の脇往還,姫街道(現,国道362号線)が通じ,関所が置かれていた。江戸後期からイグサの栽培が行われたが近年はミカン,メロン,キーウィフルーツ,レタスの栽培や酪農が盛んになっている。…

※「気賀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

気賀の関連キーワード舞阪三ヶ日浜名湖ガーデンパーク浜名湖渚園浜名湖パルパル静岡県浜松市西区舘山寺町静岡県浜松市南区堤町静岡県浜松市南区西町静岡県浜松市南区東町静岡県浜松市西区村櫛町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

気賀の関連情報