コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近衛兼教 このえ かねのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近衛兼教 このえ-かねのり

1267-1336 鎌倉-南北朝時代の公卿(くぎょう)。
文永4年生まれ。近衛基平(もとひら)の次男。近衛家基の弟。権(ごんの)大納言をへて,延慶(えんきょう)3年(1310)准大臣となる。従一位。「玉葉和歌集」に和歌がのせられている。建武(けんむ)3=延元元年9月2日死去。70歳。通称は猪隈(いのくま)入道准大臣。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

近衛兼教の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android